委員会紹介

委員会紹介

品質向上☆総務委員会(上原 康志)

那覇青年会議所では毎年多くの事業を実施しています。1つの事業を実施するまでに何度も議論を繰り返し、事業の精度を上げ地域に貢献できるよう、快適な環境を整え縁の下の力持ちのような委員会の運営を行って参ります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

⼈財拡⼤委員会(上原 啓渡)

沖縄県内の各青年会議所では、約300社の会員が所属しています。那覇、浦添、宜野湾、うるま、沖縄、名護、島尻、糸満、宮古、石垣と10の青年会議所がある中、それぞれが地域に対する事業を実施しています。人財拡大委員会では、那覇青年会議所に興味のある方、力になっていただける方を求めており、組織力強化を目指し日々面談を行っております。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

人財育成ビジネス交流委員会(水越 睦紀)

世界的にもコロナ禍により人と人との交流が希薄になっている中、人財育成ビジネス交流委員会では「修練」「奉仕」「友情」を信条に行動し、またどのような環境変化が起きたとしても、「人財交流・人財育成」を1番に考え、青年会議所内はもちろん地域社会も巻き込んで、誰もがワクワクするような事業展開を全員で行ってまいります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

青少年育成委員会(新里 亮太)

沖縄が抱える深刻な問題と聞いて、多くの方の頭の中に真っ先に浮かぶワード「貧困問題」。特に子どもの貧困率は29.9%となっており、全国平均が16.3%であることを考えると約2倍の数値となっており、かなり危機的な状況であることが伺えます。子供の貧困の大きな要因の一つに貧困の連鎖が存在します。親の貧困が教育の機会を奪い、次世代の貧困へと連鎖するというものです。私達青少年育成委員会は貧困の連鎖を断ち切るべく、その失われつつある貧困世帯へ向けた教育の機会を創造する事業に取り組んでまいります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

国際交流委員会(平良 勇人)

国際交流委員会として、世界中のあらゆる国と地域に存在する我々“青年会議所”という組織のネットワークを活かし、この組織だからこそできる事業・活動・運動の構築、また、苦楽を共にし委員会全員が結束し今後の那覇青年会議所の力となるよう楽しんでまいります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

広報委員会(新崎 仁美)

当委員会は、那覇青年会議所の広報を統括し、那覇のために行う活動や運動等、SNS媒体を通じて発信していく委員会であると同時に、会員メンバーに向けた広報活動も行います。地域の皆様に“伝わる広報”を目指して1年間積極的に歩んでまいります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

スポーツ振興委員会(山田 親亨)

沖縄県は豊かな自然と温暖な気候に恵まれており、スポーツにふさわしい環境にあります。
野球やサッカー等プロアスリートが沖縄のキャンプ地として活動していることも今や有名であり、沖縄県の経済効果もかなり期待できます。スポーツ振興委員会は、今年、那覇青年会議所に新しく立ち上がった委員会でもあります。
スポーツを親しみ、楽しみ、そして健康増進も図るうえで、するスポーツ、観るスポーツ、支えるスポーツなどのスポーツの多様な展開を通じてまちづくりや地域の発展になる事業を行ってまいります。

>もっと詳しく見る

>年間事業フレーム

50周年特別委員会(宮良 高史)

沖縄県は、来年2022年5月15日に本土復帰50周年を迎えます。それは 同時に、沖縄振興計画の実施スタートから50年を迎える節目でもあります。
50周年特別委員会では、那覇青年会議所のこれまでの歴史を振り返りながら復帰後50年の「平和に感謝」するとともに、これからの50年を見据えた「未来の沖縄振興のあり方を発信」するべく、スポーツアイランド沖縄を形成し、沖縄をひとつにできるよう、事業を行なってまいります。